はじめの一歩


1.答えの出ない悩み

私は、2011年の高校生の頃から、答えの出ない悩みをずっと抱えていました。

 

『なぜかわからないけど、すごくつらい。』

『勉強も人間関係も嫌いなわけじゃないけど、学校に行きたくない』

 

2~3か月ごとに鬱をくり返し、自分の感情をコントロールすることができませんでした。

しかし、考えても考えても答えは出ないまま…

大学進学、就職と、時間は流れていきました。

 

そして9年が経ったある日のことです。

仕事中に涙があふれて止まらなくなり、周りの人から退職を勧められたことをきっかけに、私の人生は大きく動き始めました。


2.明るい未来は存在しない

私を苦しめていた悩みの正体は、

『将来の希望が無い』

ことでした。

 

なぜなら、周りの大人の誰一人として、心から憧れる人生を送っている人がいなかったからです。

 

「仕事に時間を取られて、家族の時間も趣味の時間もなくなっていく。

職場で昇進すれば、責任・残業・ストレスが増え、頑張れば頑張るほど会社のための人生になっていく。

家族のために働いているはずのに、家族との時間が取れず。定年退職を迎えて、健康はなくなり、お金もなくなり、尻すぼみな人生になっていく。」

 

いずれ自分もそうなるのだろうと思うと、

 

『いったい僕はなんのために学校に行ってるんだろう』

『どうしたって幸せになれる気がしない』

『なんのために生きているんだろう』

 

当然、その答えは出ませんでした。


3.運命の本との出会い

初めての職場を退職した翌日、私は吸い込まれるように本屋に向かいました。

そして、いつかYouTubeで見たことがあったその本を手に取りました。

金持ち父さん貧乏父さん

全てが衝撃的でした。

金持ち父さん貧乏父さんには、私の知る常識とは全く逆のことが書いてありました。

 

●私の世界の常識

良い企業に就職するために勉強し、お金のために働く

 

●金持ち父さんの教え

お金について学び、スキルアップのために働き、自分のビジネス(=商売)や投資をはじめる

 

そして、会社や国に依存せず、

 

『お金と時間のバランスの取れた生活を手に入れる』

 

「そんな夢のような生活が本当にあり得るのか?

自分の知り合いにそんなことを考えている人はひとりもいない。

インターネットで調べても、悪いことばかり書いてある。」

 

なんでもない時に読んでも、私はなにもしなかっただろうと思います。

ですが、サラリーマンの将来に絶望したタイミングだったので、金持ち父さんに書いてある「自由」に強烈に憧れました。

そして、このとき私は、ひとつだけ肚(はら)に決めました。

 

『自由にならなければ』

 

…でも、お金も、知識も、スキルも、人脈もない。どうしたらいいんだろう?

 


『金持ち父さん貧乏父さん』の最後には、いくつものヒントが書かれていました。

10個以上あるヒントの中で、唯一私でもできそうだと思ったのは、

 

●講座を取る、本を読む、セミナーに参加する

 

そうして勇気を出して行動した結果、今では、自由を目指す人・自由を手にした人達と出会うことができました。